マンションを購入するか、同じランクの賃貸を利用するか迷うものです。お金に余裕があれば、マンション購入を検討する人も多くいます。
マンションを購入した場合は、その不動産を賃貸としてインカムゲインをしたり、売却するという選択肢を持つことも出来ます。
購入後に賃貸として貸し出し、収入を得るという方法も良いマンションの活用法です。
マンションを購入して、自分は住まずに他人に住んでもらって、その家賃で収入を得るという人も多くいます。

賃貸とマンション購入の違いとは何でしょうか。
賃貸物件では、毎月家賃を支払います。マンション購入の際にも、毎月ローンを支払います。
マンション購入の場合、払い続けるローンには終りがあり、支払い終われば、晴れて自分の不動産として財産になります。
賃貸の場合は違います。どれだけ長くそこに住んでいようが、払い続けても結局は他人の不動産です。自分の物になることはありません。
マンション購入には、長らく経つと劣化もしてくるので時折リフォームなどが必要となります。その際にはまた費用がかかるので、それを考慮してマンション購入をせずに賃貸に住むという人もいます。
賃貸のメリットは、気に入らないことが有ればすぐに引越しをして縁を切ることができるという点です。
仕事や環境に合わせて気軽に引越しを出来て、リフォームなどを考える必要もありません。
どちらにもメリットやデメリットが有ります。どのタイプが自分に合ったものかを考えて決めるといいでしょう。

マンションの人気は年々高まってきていますが、通勤や買い物が便利な立地に立つことが多いという背景があるためです。
一軒家と比べると、ワンランク上の部屋が購入できる場合も多く、人気を高めています。
自分の住まいを考える時、賃貸に住み続けるか、マンションを購入するかで心持ちが大きく変わります。
転勤が多い仕事なら、賃貸がいいでしょうし、ずっと終の棲家だと思っているならマンション購入がいいでしょう。
どちらにするのかは、結局その人の環境や思い、こだわりなどから選択しなければなりません。

おすすめリンク

池袋で貸店舗などの不動産をお探しなら:真愛不動産株式会社
人気エリアの賃貸事務所情報は│PMO

町田で賃貸を探すならこちら|グッドルーム
学生マンションや・家具付き賃貸情報なら【学生賃貸ナビ】